AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを買ってみた

はい、買ってしまいました。
ポートレート向きNIKKOR単焦点レンズの代名詞、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gです

基本スペック

発売日2013年10月
実勢価格16万円前後
最短撮影距離0.58 m
最大撮影倍率1/8 倍
外形寸法85×70 mm
重量385 g
フィルター径72 mm

特徴

このレンズの特徴といったらなんと言っても開放付近でのとろけるようなボケ味でしょう。
特にポートレートではこのボケ味がマッチして、良い絵が取れると評判ですね。
流石に解放f/1.4では口径食がでますが、1段絞れば綺麗な丸ボケを楽しむことができます。

また、点像再現性が非常に良いのもこのレンズの特徴です。
そのためこのレンズは星景写真の撮影にも定評があり、夏に撮影に行くのが非常に楽しみです。

さらに重量が385gと非常に軽く、常に持ち歩きたくなります。

しかし、良いとこばかりかというとそういうわけでもなく、最短撮影距離は0.58 m・最大撮影倍率は1/8倍と、寄って撮ることはできないレンズとなっています。
なので、テーブルフォトやブツ撮りをしたい場合は別途レンズが必要となる場合があります。
先程の利点とのトレードオフと考えたら仕方がないので、レンズ交換も一眼レフの楽しみと割り切って使いましょう。
ちなみに私は、テーブルフォトにはAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDを、ブツ撮りにはタムキュー( SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 )を使っています。

作例


D750 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 1/60秒 f/2.2 ISO720

星のや軽井沢に行った時の写真。室内はかなり暗かったのですが、明るいレンズであるお陰で手持ちでも撮影できました。

総評

初めてのf/1.4単焦点レンズだったのですが、買って正解だったと自信を持って言えます。
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED や SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD 等のズームレンズでは表現できなかったボケ味が楽しめます。
手ぶれ補正がないだの歪曲だの周辺光量だのケチを付けて上記ズームレンズは手放した私ですが、58mmは絶対に手放すことはないでしょうね笑

それはそうとしてAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRほしい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です