行くなら今のうち?嵐山の新設カフェYADO Cafeレビュー

この前の3連休で4件のカフェに行ってしまいました。
今回はそのうちの1件、京都嵐山にできた新しいカフェYADO Cafeを紹介します。

行く前の印象

Instagramで 「京都」や「カフェ」のタグでで投稿していたら突如フォローしてきたyado.arashiyamaというアカウント。
何のアカウントかと思ったら、2018年9月に嵐山に新しくできるホテル&カフェの公式アカウントのよう。

しかし、内容を見ていると「インスタ映え重視イケイケカフェ」のような印象を受けてしまい、
当初はあまり期待していませんでした。

とはいえ、行かずに批判することはできない!
週末、嵐山で今一番人気のカフェ「アラビカ京都 嵐山」に行くついでに寄ってみるかという軽い気持ちで向かいました。

実際に行ってみた


渡月橋付近から西を臨むと見える小倉山。
小倉百人一首の「小倉」は、藤原定家がこの山にある別荘で撰集したことに由来しているとか。

さて、本題のYADO Cafeの場所ですが、渡月橋よりも阪急の駅側、法輪寺のすぐ近くにあります。


お店のロゴ。YとAで嵐山の「山」をイメージしているのでしょうか?


入ってすぐのところにあるレジで予め注文・精算を済ましてから席に座ります。

店内はとても広く、烏丸三条のスターバックスのような開放感があります。
また、席の間隔が広いため、他のお客さんを意識することなく自分の時間を過ごすことができます。
観光客でごった返している嵐山で休憩するにはもってこいの場所と言えるでしょう。


公式Instagramでもよくでてきたラテアート。
オープン前に練習されていたようですが、その頃の努力が見て取れます。

肝心の味ですが、苦味が少なく、とても飲みやすいです。
それどころか、同じ日に40分も並んで飲んだ、アラビカコーヒーのアイスラテよりも断然美味しい。
こんなに美味しいならホームページやInstagramでこだわりを言ってくれ!って叫びたくなるほどでした。
(もしかしたら特にこだわりはないのかもしれませんが笑笑)

この日はソファに腰を掛けラテを楽しみながら、伊坂幸太郎著の砂漠を楽しめました。
嵐山という人の多い場所で、読書をできるほど寛げるカフェは多くないのですが、このYADO Cafeは一人でも入りやすくリラックスもできる、とても居心地の良いカフェです。

ただ、ゆっくりできるのは食べログのくちコミが0件で知名度が高くない今のうちかもしれません。
個人的な予想としては、今後絶対に流行ると思います。
そのときにはまた違った印象を受けるのかも…?
嵐山観光を予定している方、気になっている地元の方は是非、早めに足を運ぶことをおすすめします。

明日も行こうかな…笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です