北アルプスの絶景、白馬岳へ

出典:地理院地図(新版)

高山に行ける時期もそろそろ終わりというのに今年はまだ一度もアルプスに行けていない!
そんなわけで、北アルプスの白馬岳に行ってきました。

白馬岳の正式名称は「シロウマケ」です。スキー好きの人たちにはハクバじゃないの?って言われますが、シロウマです
村の名前はハクバ村です。

今回のルートは蓮華温泉から白馬大池を経由しての白馬山荘のルートをピストン。1泊2日コースです。
山荘の読みはハクバ山荘ですが、山の読みはシロウマです(しつこい)

  • 日程:2018年9月22日~23日
  • 標高:2,932m ( スタート地点 +1457m )
  • 所要時間(上り):7時間
  • 所要時間(下り):5時間20分
  • 難易度:★★★★☆
    (中~上級者向け)
  • 天候
    22日:雨のち晴れ
    23日:晴れ

今回の山行ではじめに悩んだのが天候。
前日から雨で、開始日22日の午前中まで降るとの予報で、
どの程度雨が降るか、実際に行くまでわかりませんでした。
到着時点で小雨。これ以上悪くなることはないだろうと考え決行しました。


白馬大池までは腐葉土や木の根、石メインの歩きにくい道が続きます。
雨で濡れており、滑りやすいので注意して進みました。


予報通り雨はあがり、ひとまず安心。
自分がいる場所よりも下に虹が見えるという、下界では見れない景色を拝めました。


白馬大池まで来たら休憩。
写真右奥に見えるのが小蓮華山(これんげさん)。
この山を経由して白馬岳まで向かいます。


小蓮華へ向かう最中に見た白馬大池。
池の奥にある丘のような場所が乗鞍岳。
(ほんまに?しょぼない?)※個人の感想です


山は少し赤みを帯びており、もう1,2週間で紅葉も見頃といった感じ。
小蓮華山までは足場が良くとても登りやすかったです。


小蓮華を登るとようやく白馬岳山頂が顔を見せます。(画像左奥が山頂)
先はまだまだ長いです。


ここからは本格的な稜線歩き。
強風に煽られながらもひたすら進みます。


三国境を超え山頂まで。
この頃、冷たい空気を吸い込みすぎたせいで咳喘息に。
さらに、咳ごむのを抑えるために呼吸を浅くしていたことから、軽度の高山病に。
フラフラになりながら山頂まで向かうことになりました…


山頂の様子。


小蓮華方向を望む。


唐松方向を望む。

山頂から白馬山荘までは10分程度。
7時間の旅が遂に終わりました。

(山荘の写真と夜ご飯の写真は撮り忘れました)


日入り


山荘にはレストラン「スカイプラザ白馬」が併設されており、軽食やドリンク、記念品などが販売されています。
体調の影響もあり、食事後はすぐに寝付きました。

下りも同じルートなので割愛。朝ごはんとお弁当の写真だけ載せておきます。
山の上でこんなにしっかりしたご飯を食べられるのは、本当にありがたいです。


お弁当は白馬大池でいただきました。

下山後は、駐車場のすぐ横にある蓮華温泉で汗を流しました。
ここの内湯、めちゃくちゃ熱いです!!!
全身入ることはできず、足だけ浸けていました(笑)
入浴の際は、体を洗う前に冷水の量を調整しておくことをオススメします!

蓮華温泉には内湯以外にも4つの外湯があり、10分程度登山をすれば”野天”風呂に入ることができます。
下山後余力のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

総評

9月下旬になって今年初アルプスだったわけですが、景色はやはり最高でした。
ただ、体力面ではやや問題があり、継続的な運動をしていない人間に適したルートではない気もしました。

バドミントンしよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です